単身者も入居ができる条例―市営住宅の入居基準要件がかわり改正される

   公営住宅法の一部改正が(2012年4月1日)施行され、市営住宅への入居基準のひとつである同居親族要件が廃止されました。それに伴い市も条例改正をするものです。

泉南市は、新たに条件をつけました。単身者が入居できる市営住宅は、若年層は前畑2棟・3棟です。高齢者層は前畑A棟・B棟です。生活が苦しく市営住宅に入りたくても申し込みできなかった単身者にとっては朗報ではありますが、2棟・3棟にはお風呂がないのが残念です。

 若いが失業中や病気がちで生活が苦しい青年もいます。情報公開し入居しやすくする必要があります。また、他の市営住宅も空きがあるのですが、入居までに改修費用が100万円ほど必要とのことで年間の入居は1桁に満たない状況です。必要件数に応じて改修費用の増額が求められます。

 

「泉南市子どもの権利に関する条例の制定」も継続審議

 「子どもの権利に関する条例制定」について共産党議員団は基本的には賛成です。

 しかし、制定するにはよりよいものにしなければなりません。世界では貧困の中で子どもの命や生活が守れない国があります。子どもの権利はだれが守るのかあらためて見つめなおしたいと思います。

条例制定案は、第417条あります。この中では「責務」の項がありません。他の条例では、「責務」の項があります。やはり責任をもつことが大切と考えます。

その他も文言がおかしい、そぐわないなどの意見も出されていました。よりよいものにしていく必要と継続審議となりました。

(市の提案理由)

子どもの権利条約に基づき、子どもにやさしいまちを泉南市で具体化していくために必要な施策や仕組み、実践等に関する事項を定めるとともに、子ども施策を安定的、継続的に実践していくために、本条例を提案するものである。

泉南市自治基本条例案は継続審議へ

 憲法にも等しいといわれる自治基本条例案は、総務委員会に付託され審議されました。

 市民にとって重要な条例であることから「市民に説明会などを行い、周知し意見を聞くべきではなかったか」や「議会への対応は」など質疑が行われました。市は「パプリックコメントで46件の意見が寄せられた。議会には意見を聞いていない」などの答弁でした。

市にとって大切な条例であることから、「市民や議会の意見を充分に聞き、取り入れ、慎重に取りくむべきである」と継続審議となりました。

 「市民参加と協働を基本とする。市民、市議会の役割、責務を明確にする」とうたうなら、市民や市議会も幅広く議論して深め納得してつくることが、泉南市の誇れる自治条例となると思います。

 市の提案理由は、本格的な地方分権時代の到来を迎え、市民参画と協働を基本とした市民自治によるまちづくりを推進するため、本誌の自治の理念及び基本原則を確立し、まちづくりの主体となる市民、市議会及び視の役割と責務等を明確にするとともに、まちづくりの仕組みを整備する必要から本状例を提案するものである。

第8章34条あります。

 

樫井川の紅梅は春を待っている

意賀美神社から樫井川の梅並木(3月11日)

 

 

 

 

 

 

暖かい日が続いていたので「梅花が満開かな」と楽しみに来て見ました。
紅白のかわいい花をつけていましたが満開の楽しみは後日になりそうです。その頃は友だちとお弁当持参で来たいと思います。
 散歩コースにもいいですね。

水鳥の親子がのんびり楽しそうに泳いでいました。
小さいですが探してみてください。かわいいですよ。
泉南市と泉佐野市との境界となるかしい川に、水鳥と梅の花を見に来てはいかがですか。
「川をきれいに、自然カンキョウを守り大切にすることが心豊かに暮らせる」と実感しています。

東日本大震災から1年、「被災地の復興急げ・原発からの撤退を」と街頭宣伝

  3・11おおさか府民集会が扇町公園で行われました。

 

 

 

私は地元泉南で「避難生活を余儀なくされておられる方、犠牲になられた1万9千人を越す方々に哀悼の意を表しながら、早期の復興・原発からの撤退、除染対策・雇用対策を」と友人と共に街頭宣伝をしました。雨がぱらぱら空気も冷たかったですが、公園で遊んでいた子どもが聞いてくれていて励まされうれしく思いました。

 

 

 

 

 

 

      訴えは、
 
 東日本大震災から1年になります。大地を揺るがした「震度7」の大地震と地上の人も家も押し流した大津波、さらに東京電力福島原発事故による汚染と避難。被災地はいまも被害のただなかにあります。

苦しみはいまも進行中

この冬仮説住宅の防寒対策が不十分で「夜も寝付けない、夜中に何度も起こされる」と悲鳴が相次ぎました。風呂の追い炊き機能がなく、毎日入浴する願いさえ妨げられています。

 生活の支えとなってきた失業給付も、延長措置の打ち切りが相次いでいます。延長の打ち切りは4月までに1万人を超す見通しです。医療や教育など社会基盤の崩壊は深刻です。被災と避難生活の長期化で介護を求める高齢者が急増しており、介護認定は昨年より2割も増えたといわれています。
人間らしい暮らしの回復は急務です。

 この、1年間政府の対策が不十分で、「復興増税」など被災者を逆に苦しめるものになってきた影響も重大です。地震や津波から助かった命がその後の避難生活の中で損なわれるなどというのは絶対に許されないことです。まさに、“人災”です。

日本共産党は、震災発生以来、被災地での救援活動や全国での支援募金に全力をあげるとともに、被災者の生活と生業の再建を最優先するよう、政府への提言を重ねてきました。

 仮設住宅の生活改善や「2重ローン」対策「水産特区」に反対する戦いなど、被災者とともに取り組み前進させた課題も少なくありません。被災者の生活と被災地の復興は時間を争う課題です。文字通り地域崩壊の危機です。政治の責任で被災者の住まいの再建を支援すること、再建の意思のある事業所を支援し、働く場所を確保することです。

    原発からの撤退決断を

原発事故で避難を余儀なくされ、福島県内外で避難生活を送る人たちは16万人にものぼります。事故の収束や除染、賠償を政府の責任で急ぎ、命と健康、暮らしを守ることは待ったなしです。

 被災者を支援するとともに、政府が一刻も早く原発からの撤退を決断することが求められます。日本共産党は今後も、国民とともに力を尽くしていきます。と訴えました。(11日付け赤旗の主張より)

代表質問はじまる・・・「橋下維新の会」の教育基本条例、職員基本条例は「賛成か反対か」松本議員が市長にせまる

 詳細については、市議会のホームページ・ユーストリュームでご覧ください。

初日5日(月)中尾議員

1、序論             2、人権と教育について

3、福祉について       4、産業と活力について

5、安全と安心について   6、まちづくりと環境について

松本議員

1、橋下維新の会による教育基本条例、職員基本条例についてどう思うか

2、砂川小学校のプールの事故について

3、子どもの権利条例からみた幼稚園のマンモス化について

4、女性・子ども・高齢者の保健事業継続と今後について

5、第5期高齢者保健福祉計画について

6、「障害者自立支援法」の「整備法」の施行にあたり、泉南市の重度障害者の対応について

真砂議員

市政運営方針から見る元気な街泉南市の施策について

1、子育て ・幼保一元化の進捗 ・学力向上策

2、高齢福祉 ・ふれあいサロン(仮称)の創設 ・老人集会所の常時開設 ・請願採択後の療育支援

3、観光産業 ・新たな財源確保 ・雇用創出につながる企業誘致 

4、安心安全 ・防災計画、体制

5、関空

6、スポーツ

7、地域主権

8、各条例に期待するもの

 

6日(火)梶本茂躾

1、平成24年度の市政運営に係わる基本的な考え方について

2、平成23年度の市政運営方針の検証について

3、小、中学校の学力向上策と小、中学生に対する歴史教育について

4、(仮称)府立泉北泉南地域支援学校について

5、年金生活者が年金の範囲内で入れる安心できる介護施設について

6、商工業振興基本条例について

7、設立予定の観光協会と設立後の泉南市の関わり方について

8、まちづくりと環境について

9、第5次総合計画と行財政改革について

 

角谷英男

1、教育について

2、福祉について

3、産業と活力について

4、安全と安心について

5、まちづくりについて

6、火葬場問題について

 

南良徳

1、中長期計画の方針

2、関空活性化

3、子どもの利益を第1に中学校給食の取組み

4、観光協会設立に関する提言書

5、観光振興ビジョンの必要性

6、防災体制の見直し、内言について ・カウンターパートの導入について

7、樽井駅のバリアフリー化の今後のスケジュールについて

8、火葬場計画 ・予定地の地主との交渉の進捗 ・阪南市との協議内容

9、エコシティー・防犯灯、街路灯のRED化

 

Page 82 of 87« First...1020308081828384...Last »