「大阪府知事には、くりはら貴子さんを」とオール大阪は応援しています。

 大阪のダブル選挙が行われています。大阪で福祉・教育を切り捨て、民主主義と地方自治を破壊してきた維新政治を続けるのか、それとも府民・市民の共同で新しい大阪をつくるのかが問われる歴史的な選挙戦です。

「維新政治は退場していただきましょう」と明るい民主府政の発行しているビラを泉南市内に全戸配布して頑張っています。住吉病院の民営化問題・大阪市立幼稚園廃止・民営化問題など市民、府民の願いを聞こうとしない人が知事では困ります。

大阪知事選とロトロの柿はいかが

 大阪府の知事選挙が11月5日から始まり22日は投票日です。音の宣伝は4日までしか行えません。共産党は、府知事選挙では「くりはら貴子さん」を自主的に支援することを決まました。独裁的な維新政治にさよならするためです。くりはらさんの顔写真のポスターの張替、名前いりのビラの全戸配布できていない場所の配布、音の宣伝、早朝駅宣などと1日中テンテコまいでした。一緒に行動してくれた皆さんも「疲れたけどよく頑張ったね」とお互いを激励しあいました。

 赤旗読者の高齢のお宅に伺うと「待っていたよ」とお話をたくさんして下さいました。「いつも話聞いてくれてありがとう。柿を食べてくれる?お駄賃よ」ととろとろの柿をくださいました。お家でとれた柿とのことでいただきました。

また、「コスモスきれいでしょう。敷地内の道路脇にごみを捨てる人がいて困っていたが、コスモスを植えてからはごみを捨てなくなったのよ見てね」と言われました。色とりどりのコスモスが咲いていました。花畑にはごみは捨てれませんよね。街をきれいににすることは大事ですね。年2回の美化運動もあります。日ごろきずかなくても、身近なところの掃除をすることで綺麗になると嬉しくなりますよね。一人一人がマナーを守ることが大切ですね。

澤地さんの呼びかけにこたえ今日もスタンディング

 泉南イオンモール前の道路脇で2回めのスタンディングです。祭日なので他の予定もあり参加者の心配もありましたが元気にアピールしました。毎月3日は「アベ政治を許さない」を掲げ行動することにしています。12月3日も予定しています。あまりにもひどいアベ政治に対し退場するまでこの行動は続けられます。見かけたら参加してくださいね。車の中から手を振って応援してくださる方、クラックションを鳴らしてくださる方もいらっしゃいました

しんたちのワッ

 信達中学校区でフェスタが行われました810月31日)体育館では、信達中学校吹奏楽部OBが楽器演奏・ディセンターせんなんの南中ソーランの踊り・Hoa Pili Hula 信達教室のみなさんがフラダンス「カウラナ」等・信達小学校 金官バンドのみなさんが「宇宙戦艦ヤマト」など名演奏をしてくれました。

 信達中学校OBの知り合いの方が(長男の同級生)友達と待ち合わせしていて「毎年この取組を楽しみにしていて、この後、女子会ならぬ同窓会みたいなことをするのよ」と嬉しそうに話されていました。いいことですよね。

 その他にも模擬店コーナーがありました。デイセンターのパンとおにぎり・お茶を買いましたが焼きそばは人気で長い行列だったのであきらめました。ゲームコーナーもありましたが見るだけにしました。「孫が一緒だったら参加できるのになー」とちょぴり残念な思いでした。こうした取り組みは地域や学校関係の皆さんが準備をされご苦労をされていますがとても大切なことだと思います。参加だけの私ですが感謝の気持ちはいっぱいです。

大阪知事選挙でくりはら貴子さんを自主的に支援

 明るい民主府政をつくる会の集会が阪南市のサラダホールで行われました。弁護士の梅田彰二さんが講演されました。「維新政治にさよなら」大阪の橋本維新の横暴の数々を指摘されました。あまりにもひどい福祉・教育切り捨ての維新政治にさよならするために力を合わせよう」と訴えられました。

 「どうして自民党のくりはらさんに投票しないといけないの?すっきりしない」などの意見もありましたが維新政治が続いてもいいのか、一転共闘で頑張ろうと確認しあいました。

 教育問題では、学校の門前の警備員の補助金削減、府立高校の授業補助員の廃止など次々と切り捨ててきました。大切にすべきことを切り捨てることは許されません。安心安全のまち、豊かな教育のできる府政にするため私も頑張ります。

泉南市まち・ひと・しごと創生総合戦略(総務産業常任委員会)

 総務常任委員会でまち・ひと・しごと創生総合戦略について資料にもとずいて説明が行われました。5年間の事業の基本方針では人口の将来展望についてなど示されています。2015年の人口は64601人だが何もしなければ2060年には44573人と69.2%まで低くなってしまいます。そこで若者が結婚して子供を産み育てることに希望がもてる環境を整えることで人口増、人口転入促進を図ろうとする取り組みがいこなわれます。

 2つ目に花笑み・せんなん総合戦略です。①にぎわいと交流が生まれるまち魅力発掘②雇用喪失・地域産業強化③子育て支援・教育④地域で支える安全安心⑤豊かな暮らしの安定です。

総合戦略は各部署の職員が将来を展望して策定されています。内容素晴らしいものばかりですが実現に向けては、すべてに予算を計上しなくてはなりません。国へのアプローチをしっかりとしなければ財源は獲得できません。絵に描いた餅にならないように願いたいです。辻本副市長は、委員会で「絵に描いた餅にならないようしっかりと頑張ります」と力強く答えていました。