ギリチョコの行方

 バレンタインデーはギリチョコばかりですが、夫は嬉しそうです。作日は孫の手づくりチョコが届きました。夫に頂いたものは妻のものです。2人仲良く食べることにしています。私があげたチョコは一人暮らしの方にもっていっていました。ほんとにギリチョコがいったりきたりしています。こんなことができるのも平和だからでしょうね。

 

きんかんの実でジャムづくり

 我が家のきんかんの木に沢山の実が色づいています。ジャムづくりに挑戦しました。甘酸っぱくおいしくできたのですが、とにかく種が多くて種をを取り出すのが難しく皮の部分のみを分けて瓶づめにしました。

 種の部分はトロトロで美味しいのですが捨てるのももったいので悩んでいます。何かいい方法がありましたらおしえてください。

 

泉南市庁舎消防(避難)訓練

 10日(水)庁舎で避難訓練が行われ参加しました。非常ベルがなり裏の駐車場に職員・来庁者が避難しました。私もですが緊張感が少なかったように思いました。訓練とわかっているからでしょうね。

 保育園に勤務しているころの訓練は子どもの命を守るために一刻も早く安全に避難せることに真剣でした。今日は大人ばかりでしたから大丈夫でした。

 竹中市長の挨拶、消防署からは、「本来なら表玄関から避難した方が良い」と話されていました。火元がどこによるかによっても避難経路はかわりますし訓練は定期的に行うことが大事ですね。

 消火の実演と人命救助でAEDの使い方を実演していただきました。周りの人たちと協力することが大切としりました。AEDの使い方を今後忘れないようにしようと思っています。

 

市民アンケート案づくり

 泉南市共産党市議団で市民アンケート案づくりをしています。日頃から市民の皆さんの要望や苦情を沢山聞いているのですが、よりたくさんのかたの声をお聞きすることで市政に活かしていけると考えています。

 内容について議論を深めているところです。出来上がるまで時間がかかりますがお手元に届きましたらご意見をお聞かせくだされば嬉しいです。

義理チョコでもうれしい

 14日は、バレンタインデーですが少し早いですが3人の子ども3人の孫+α3人(女の子)にチョコをプレゼントしました。義理チョコでも喜んでくれました。お父さんにとまたまた義理チョコをもらいました。「今年はなし」と言いながら社会の流れの中で生活しているんですね。

アルバイトだけでは生活が苦しい

 生活相談では、「母と子どもの2人暮らしだが子どものアルバイトだけの収入では生活できなくなってきた。母は無年金なので貯金を取り崩して暮らしてきたがもうどうしょうもない」働きたくても身体を壊したりで正規職員になれないなど現代社会の厳しさを諸に受けています。

 泉南市役所で相談をしました。担当職員は丁寧に話を聞いてくれ、他の制度の活用など横の連携もとってくれました。少し安心されていましたが相談をするまで家族は日々悩み続けていたそうです。母は年金がない、子どもも年金を掛けれていない方にとっては将来も厳しい生活が予測されます。

 最後のセフティネットはありますが、安心して暮らせるように年金制度の充実、正規で働ける社会にしていくことが大切だと痛感しています。