ブログ

東日本大震災から1年、「被災地の復興急げ・原発からの撤退を」と街頭宣伝

  3・11おおさか府民集会が扇町公園で行われました。

 

 

 

私は地元泉南で「避難生活を余儀なくされておられる方、犠牲になられた1万9千人を越す方々に哀悼の意を表しながら、早期の復興・原発からの撤退、除染対策・雇用対策を」と友人と共に街頭宣伝をしました。雨がぱらぱら空気も冷たかったですが、公園で遊んでいた子どもが聞いてくれていて励まされうれしく思いました。

 

 

 

 

 

 

      訴えは、
 
 東日本大震災から1年になります。大地を揺るがした「震度7」の大地震と地上の人も家も押し流した大津波、さらに東京電力福島原発事故による汚染と避難。被災地はいまも被害のただなかにあります。

苦しみはいまも進行中

この冬仮説住宅の防寒対策が不十分で「夜も寝付けない、夜中に何度も起こされる」と悲鳴が相次ぎました。風呂の追い炊き機能がなく、毎日入浴する願いさえ妨げられています。

 生活の支えとなってきた失業給付も、延長措置の打ち切りが相次いでいます。延長の打ち切りは4月までに1万人を超す見通しです。医療や教育など社会基盤の崩壊は深刻です。被災と避難生活の長期化で介護を求める高齢者が急増しており、介護認定は昨年より2割も増えたといわれています。
人間らしい暮らしの回復は急務です。

 この、1年間政府の対策が不十分で、「復興増税」など被災者を逆に苦しめるものになってきた影響も重大です。地震や津波から助かった命がその後の避難生活の中で損なわれるなどというのは絶対に許されないことです。まさに、“人災”です。

日本共産党は、震災発生以来、被災地での救援活動や全国での支援募金に全力をあげるとともに、被災者の生活と生業の再建を最優先するよう、政府への提言を重ねてきました。

 仮設住宅の生活改善や「2重ローン」対策「水産特区」に反対する戦いなど、被災者とともに取り組み前進させた課題も少なくありません。被災者の生活と被災地の復興は時間を争う課題です。文字通り地域崩壊の危機です。政治の責任で被災者の住まいの再建を支援すること、再建の意思のある事業所を支援し、働く場所を確保することです。

    原発からの撤退決断を

原発事故で避難を余儀なくされ、福島県内外で避難生活を送る人たちは16万人にものぼります。事故の収束や除染、賠償を政府の責任で急ぎ、命と健康、暮らしを守ることは待ったなしです。

 被災者を支援するとともに、政府が一刻も早く原発からの撤退を決断することが求められます。日本共産党は今後も、国民とともに力を尽くしていきます。と訴えました。(11日付け赤旗の主張より)

代表質問はじまる・・・「橋下維新の会」の教育基本条例、職員基本条例は「賛成か反対か」松本議員が市長にせまる

 詳細については、市議会のホームページ・ユーストリュームでご覧ください。

初日5日(月)中尾議員

1、序論             2、人権と教育について

3、福祉について       4、産業と活力について

5、安全と安心について   6、まちづくりと環境について

松本議員

1、橋下維新の会による教育基本条例、職員基本条例についてどう思うか

2、砂川小学校のプールの事故について

3、子どもの権利条例からみた幼稚園のマンモス化について

4、女性・子ども・高齢者の保健事業継続と今後について

5、第5期高齢者保健福祉計画について

6、「障害者自立支援法」の「整備法」の施行にあたり、泉南市の重度障害者の対応について

真砂議員

市政運営方針から見る元気な街泉南市の施策について

1、子育て ・幼保一元化の進捗 ・学力向上策

2、高齢福祉 ・ふれあいサロン(仮称)の創設 ・老人集会所の常時開設 ・請願採択後の療育支援

3、観光産業 ・新たな財源確保 ・雇用創出につながる企業誘致 

4、安心安全 ・防災計画、体制

5、関空

6、スポーツ

7、地域主権

8、各条例に期待するもの

 

6日(火)梶本茂躾

1、平成24年度の市政運営に係わる基本的な考え方について

2、平成23年度の市政運営方針の検証について

3、小、中学校の学力向上策と小、中学生に対する歴史教育について

4、(仮称)府立泉北泉南地域支援学校について

5、年金生活者が年金の範囲内で入れる安心できる介護施設について

6、商工業振興基本条例について

7、設立予定の観光協会と設立後の泉南市の関わり方について

8、まちづくりと環境について

9、第5次総合計画と行財政改革について

 

角谷英男

1、教育について

2、福祉について

3、産業と活力について

4、安全と安心について

5、まちづくりについて

6、火葬場問題について

 

南良徳

1、中長期計画の方針

2、関空活性化

3、子どもの利益を第1に中学校給食の取組み

4、観光協会設立に関する提言書

5、観光振興ビジョンの必要性

6、防災体制の見直し、内言について ・カウンターパートの導入について

7、樽井駅のバリアフリー化の今後のスケジュールについて

8、火葬場計画 ・予定地の地主との交渉の進捗 ・阪南市との協議内容

9、エコシティー・防犯灯、街路灯のRED化

 

新春のつどい・・国政?も市政も選挙の年です

                 新春のつどい

 

 

 

 

 

 

  日本共産党後援会主催で「新春のつどい」を26日(日)に90人近くの参加で賑やかに行いました。

 この日は共産党府党大会が開かれていたので、国会議員が参加できないので、国政についても議員が報告することにしました。

 成田議員は、社会保障改悪・TPP問題、市政では行財政改革、新火葬場問題などについて、松本議員は消費税増税問題、後期高齢者医療制度4月から値上げされること、ごみ収集、ごみ袋有料化の財政について、

 私、和気議員は原発ゼロにし再生エネルギーへ、原発問題、医療費無料化の拡充、予防ワクチン接種の継続について、大森団長は、大阪提案の教育2条例の内容と撤廃にむけてと泉南市のプール事故問題、教育予算の削減問題など報告しました。

 そして、秋の市会議員選挙で4人当選のため全力でがんばる決意とお願いをしました。

2部は食事をしながら、それぞれの後援会からのだしもの発表です。手品あり。日本舞踊あり、獅子舞、おてんもんやの踊りありでした。

 

  さて私の後援会は河内おとこ節を美女たちが踊りました。数回事前に練習はしたのですがリズムにのれたかどうかはさだかでないのですが、見る人も踊る人も楽しかったようですので「よし」としましょう。

一番もりあがったのは、ビンゴゲームで景品(もちよりの宝もの)をゲットすることです。景品が余るとジャンケンゲームです。

ゲットすると元気でいいお顔で笑っているんです。市民が「毎日の暮らしが安心できるよう、笑顔で暮らせるよう」4人の議員団は力をあわせてがんばります。

{傍聴におこしください}2012年第1回泉南市議会定例会は3月5日から開催

 1日目は市長の市政運営方針表明について各会派から1名代表質問をします。
16名の議員が質問をします。

質問の順位は5日(月)

・中尾広城(公明)80分 ・松本雪美(共産)80分 ・真砂満 (拓進)70分

6日(火)

・梶本茂美(大八州)60分 ・角谷英雄(市政研究)60分 ・南良徳 (心政)60分

一般質問 (一人60分)

・ 小山広明  ①時代認識と今後について ②ごみ置き場について ③不燃置き場への対応について 
         ④住居表示について ⑤市民への対応について ⑥自殺予防について

 ・木下豊和  ①公務員給与引き下げについて ②療育センター等の充実について 
         ③災害廃棄物処理について

7日(水)

・成田政彦 ①行財政改革問題 ②第三次泉南市障害者計画について ③泉南市自治基本条例について
        ④泉南市商工業振興基本条例 ⑤教育施設の充実について ⑥同和更生基金について

・     井原正太郎 ①生活保護の実態について ②幼稚園問題について ③火葬場問題について 
           ④プール事故調査報告と今後について

・     森裕文  ①自治体経営について・行政コスト削減について ・資産、債務改革について 
         ②東日本大震災被災地のがれき受け入れについて ③資源ごみの回収について

・     大森和夫 ①教育問題について ②アスベスト問題について ③水道事業について 
         ④介護事業について   ⑤同和行政につて ⑥雇用問題について

・     河部優  ①教育行政について ②資源の再利用について ③地域活性化について

 8日(木)

・     原憂子 ①防災対策について ②自転車対策について ③高齢者対策について 
        ④コミュニティバスにつ いて ⑤ワクチン予防対策について

・ 堀口武視 ①みなし財産区と財産区について ②同和更生貸付基金について 
         ③空港と関連まちづくりニツイテ ④里山保全について ⑤観光協会について

・     北出寧啓 ①電力問題 ②泉南市の農林水産業 ③関西における脱原子力発電 ④防災 ⑤教育 
         ⑥都市開発

一般質問は以上です。その後は議案審議をします。最終本会議まで傍聴よろしくお願いします。

寒さに負けず消費税増税反対署名をラムー店前で頑張る

消費税増税に反対の署名をお願いします。「あなたの思いを聞かして下さい」と声をかけると寒い中足を止めて署名をしてくれました。寒いのでいっぱい着込んで頑張りました。
 

 宣伝・・・・2月25日の夕方、わけ信子・松本かよこ議員・新日本婦人の会会員・民主商工会のみなさんの9名参加です。
  訴えの内容です。 
 消費税に反対しています。野田内閣が消費税をいまの5%から10%、さ  らにそれ以上に引き上げようとしていることに、国民の多くが不安を持ち、怒りを広げています。

それは、今度の消費税増税には何の道理もないからです。
第一にやんばダム建設は復活し、4200億円もの原発推進予算、320億円の政党助成金、大金持ちと大企業に年間1.7兆円もの減税などムダのばらまきはそのままです。

 また、「福祉のため」と言いながら社会保障は大改悪です。年金支給額は2兆円も削り、70歳から74歳までの医療費窓口負担の2割への引き上げもすすめようとしています。

 そして、何より、消費税の増税は景気をさらに悪化させ、税収を減らし、結局財政再建にも逆行します。もし、5%引き上げられたら、府民の負担は赤ちゃんからお年寄りまで一人あたり10万円、合計で一兆円近くになります。

日本共産党は、ムダづかいの一掃と富裕層・大企業優遇の不公平税制の見直し、「能力に応じた負担」の原則で福祉の財源をつくります。ごいしょに消費税増税にストップをかけましょう。と訴えました。

「私の分までがんばってください」「年金上がりそうにないから増税に反対する。ごくろうさん」と署名をしてくださり本当にうれしくなりました。「生活が苦しくなってきているんだな~」と実感した寒い夕方でしたが、これからも頑張ろうと、心は温かでした。

砂川小学校プール児童死亡事故調査委員会の調査報告書の提言をうけての報告がされた。(16日(木)総務常任委員会)

 20011年12月26日に泉南市砂川小学校プール児童死亡事故調査委員会の調査報告書の提言を受け泉南市業務改善推進委員会が設置されました。

委員会の事務については
①業務改善等の施策の進捗管理および改善状況の取りまとめにかんすること。
②その他の危機管理、安全管理にかんし必要と認める事項。

報告書は130ページからなっています。

提言を受け市の対応内容(案)が示されました。下記は提言の主なものを抜粋したものです。

・     安全性の観点からの予算措置及び委託料算定の必要性

・     組織運営において、事務分担、共有すべき情報、上司への報告の判断、意思疎通の円滑

・     プール一般開放など市民の命安全に関する事業の引継ぎ体制

・     委託契約書の再検討、委託業者の選定方法の見直し

・     プール一般開放終了後の体制整備

・     学校プールの一般開放等に責任を負う組織の設置

・     管理人・監視員の能力担保

・     専門的な研修の実施

・     監視員確保の確認

・     一尾案開放中止の権限付与

・     委託業者に対する改善策

・     泉南市については、委託業者に対する監督体制の徹底と、仕様書の安全性確保に関する事項が確実に履行されているか、巡回監視体制の徹底が必要

・     現場での管理業務の改善が必要である。

①     大プール、小プールがある場合、入り口を厳格に分ける
②学校プールのロッカー管理事務の簡素化
③慎重系による簡易な慎重確認体制
④監視代の設置・使用の徹底、使用する場合の監視員の後退ルールの策定
⑤プール管理者による監視員の監視業務遂行の徹底
⑥充分に監視できる人員による常時監視体制の整備
⑦休憩時間中も監視する体制が必要

プール利用者に対して危険箇所の表示や、注意・禁止事項、毎日の点検結果などを見やすい場所に見やすい大きさで掲示することが必要である。

管理室内の医務室にAEDを設置する必要がある。

提言内容は、最もといえます。こうしたことが、しっかりと実施されていれば事故は避けられたのではないかと残念に思います。しっかりと再発防止に取り組み、市の改善対応策(案)がより改善され、確実に実施されるよう議論を深め今年の夏には一般開放ができるよう力をあわせ取組みたいと思います。

市の対応内容(提言を受けて)が決定されましたらそのつど報告いたします。

Page 82 of 86« First...1020308081828384...Last »