ブログ

「泉南市のプール一般開放は見合わせる」との報告(6日)

 

 市は「今年の夏、プールの一般開放はしない。安全確保ができない為」と報告しました。

砂川小学校の一般開放中に起きた昨年のプール事故後「事故調査委員会」が設置され昨年12月には事故調査報告書がまとめられました。その報告を受け「泉南市業務改善推進委員会」が設置され、問題点や再発防止にむけ、改善状況の点検がされてきました。

2012年の予算は事故のあった昨年と同じ267万円の計上しかありませんでした。市は、安全対策や監視業務の再点検をして開放するために、安全確保など体策をとるとしてプロパーサル方式で業者選定の予定でした。しかし、公安委員会による警備業認定資格のある業者を条件に加えたことで「現行では業者が見つからない」として8月のプール開放に間に合わないので「開けない」と結論の報告が総務常任委員会にありました。

委員長から、議会に報告される前に「プール開放しない」と新聞報道がされるのは議会軽視ではないか。と苦言がだされ、副市長は、「今後このようなことのないようにする」と謝罪しました。

 共産党の大森委員は、「今まで教育予算を削減し民間委託にしてきた問題がある。安全対策や調査の対応があまりにも遅すぎる。直営でした場合の資料では、プール衛生管理資格とプール施設管理士資格がある人を募集すれば直営でできるのではないか。要望の多いプール開放するための努力が足りないのではないか。子どもたちのために最大限の努力をすべきだ」と求めていました。

 また、委員会では「市民プールを作る考えはないか。プール一般開放の代替策を考えるべき。市民への周知を丁寧にすべき。安全第一なので今夏はしかたがない」など意見がだされました。

「全学校プールにはAEDを設置する」と報告がありました。当然ですよね

今年の夏、子どもたちの居場所づくりが必要です。子ども達に経済的負担をかけない為にも予算獲得が大事ですね。ご意見をどんどんお寄せ下さい。

「こどもの日に」子どもたちに「原発ゼロ」の日本を手渡そう

 5月5日、北海道電力泊り原発3号機が停止作業に入り、それによって、国内で稼動している原発はゼロになります。

 「いつになったらほうしゃのうはなくなりますか」「わたしはふつうにこどもをうめますか?何さいまでいきられますか」子どもたちのこころと体に大きな不安が刻まれてしましました。

原発事故と放射能汚染は、国連「子どもの権利条約」がうたう「健康に生まれ、安全な水や十分な栄養を得て、健やかに成長する権利」を根底から揺るがしてきました。

 政府は原発事故原因の徹底究明もないまま、電力不足を口実に国民を脅して原発再稼動を押し付けようとしています。子どもの日に私たち大人からの最高のプレゼント「原発のない、希望ある未来」を子ども達に贈ろうではありませんか。と街頭宣伝をしました。

 こどもの日にプレゼントをと訴えていると子どもたちが手をふってくれました。

午後から滋賀県の比叡坂本の駅の近くに住んでいる孫に合いに出かけました。
もう、田植を始めていました。

  孫の住んでいるマンションの周りは田んぼです。小学校はあぜ道を歩いていくのですが「田植えしている田んぼに何回も落ち、自転車でも転び泥んこだらけになった。それでも田んぼのおじさんは怒らなかった」とお兄ちゃんのことを楽しく話す3年生の孫娘は、自分のことは「ないしょ」のようです。

 一緒に買い物をした後、ごちそう?を頂き大津駅まで送ってもらいその日のうちに夫の待つ我が家に帰りほっとしました。忙しい1日でしたが心は充実していました。

梶本家の藤と憲法記念日

藤の花は訪れた人びとに甘い香りで迎えてくれます。ひと房の藤の花を大切に手に持ち「電車に乗って我が家に帰る」と笑顔でお話しする方がおられました。

「笑顔で暮らせる世の中でありたいものだ」と思いました。

5月3日は憲法記念日です。1946年に日本国憲法が施行されて65周年になります。憲法は戦争の反省に立って「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにする」ことを決意し国民主権・戦争放棄・基本的人権の尊重など、世界に誇るべきすぐれた内容をもっています。

 しかし、今、自民党などが再浮上させている明文改憲の策動もあります。これは国民の願いとは正反対のものだと考えられます。現実には貧富の格差が広がっています。

 「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という憲法25条の実現を待ち望んでいます。憲法を守り生かすために皆さんと力を合わせて頑張りたいです。子どもたちに平和な未来をのこしたいです。 

 

 

第83回 泉佐野・泉南地区メ-デー「働くものの団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立の日本をめざそう」

共産党議員団を代表してわけ信子が挨拶をした「訴え文」を紹介します。
メーデーにご参加ごくろうさまです。泉佐野、熊取、田尻、阪南、岬そして泉南各市・町の日本共産党議員団を代表して一言ご挨拶させていただきます。(泉佐野市福祉会館 午後6時から)

いま、消費税増税と社会保障の一体改悪・原発再稼動・TPPなど国政課題を始め、府政では2条例をめぐる民主主義の問題、そして、泉南地域に於ける3次救命・救急医療など課題が山ずみです。

さて、泉南市はこの、10月に市会議員選挙が行われます。議員定数が2名削減され18人となります。共産党議員団4名は、この4年間、国保料金値上げを止めるなど大きな役割を果たしてきました。選挙をめぐる情勢は厳しいものがあります。

いつあってもおかしくない総選挙での勝利、そして、市民の暮らし守るためには現4人の議員団、成田政彦、松本かよこ、大森和夫、そして、私、わけ信子の勝利めざして頑張りぬく決意です。皆様のお力添えを心からお願いをいたします。

わが党の衆・参国会議員の皆さんからメッセージを頂いていますので紹介させていただいて、お祝いの言葉といたします。

衆議院議員 吉井 英勝   衆議院議員 宮本 たけし   参議員議員 山下 よしき
日本共産党大阪府副委員長 清水 ただし
日本共産党大阪府くらし・雇用対策委員長 たつみ コータロ

                 シュプレヒコール・・・・・オゥ!

賃上げと雇用確保で景気を回復しよう ・最低賃金「時給1000円」を実現しよう 
・千代松市長は、愛着のある泉佐野市の名前を売るな

霧島観光協会視察

 霧島市は温泉や神話、大自然を活かした農林畜産業や観光にちからを入れています。身体に良いといわれる黒酢づくりも盛んです。

 行政は積極的に企業誘致に力をいれてきたが大手2社が誘致されましたが(ソニー・京セラ)鹿児島空港近くの企業団地の用地はほとんど売れ残っていました。「要因のひとつは空港からの輸送費が高くつくこともあって経営が厳しい」などで企業の参入が見込めないとも説明されました。景気の悪化が影響してくるのでしょう。

 私は生まれ故郷の与論島に帰るときは鹿児島空港で乗り継ぎをするのですがこの連絡時間が5時間もあるときがあります。そんなときは何度かタクシーで霧島を巡ったりもしましたが、財布の中身が少ないときは空港でじっと「我慢の子」のときもありました。田舎が遠いのは何かと経済的に厳しいものがあります。

 ピーチのように格安航空会社の料金が安いのは魅力ではありますが、安全面については不安もあります。働く乗務員さんの健康面や飛行機の整備についてはしっかりとやってほしいと思います。

霧島市でのスナップです。

関西空港・鹿児島霧島観光協会視察

 空港等街づくり特別委員会で(4月17・18日)関西国際空港を見学した後、大阪国際空港との経営統合、格安航空の進出について説明を聞きました。ピーチです。鹿児島空港で搭乗準備中です。

来年開港予定のピーチの搭乗施設です。駐車場は広く計画されているそうです。駐車料金はまだ確定されていません。

Page 79 of 87« First...1020307778798081...Last »