ブログ

新春第九コンサート

 一月一七日は、阪神・淡路大震災二一年を迎えます。被災者の暮らしをめぐる課題は依然として残っています。二〇年間の借り上げ契約が終了して継続入居したいと願う入居者の願いをかなえてほしいと思います。また、泉南市の防災対策をしっかりとしていくことも求められますね。

 泉南市文化ホールで市政45周年記念のコンサートが開かれました。毎年年末に開かれるのですが新年になるのは初めてです。知り合いの方が第九を歌われているので毎年聞きにきています。「今年は室内オーケストラがはいるので参加費千円いるけどやっぱりいつもと違うよ」とお誘いをうけました。親子三代が参加するほどの音楽好きの家族です。

 文化ホールの席が満杯になり、指揮・ピアノの宮崎剛氏の語りとピアノに拍手・拍手でした。また、ソプラノの木澤さんメゾソプラノの山敷さんテノールの谷村さんバス漆山さん泉南室内オーケストラのみなさんそして、合唱の泉南第九合唱団のみなさんほんとうに素晴らしかったです。最後に泉南市歌(希望のうたにつつまれて)をみんな一緒にうたいました。

竹中市長のあいさつは、泉南熊寺郎の紹介では「よく似ていると言われます」と笑顔でした。

和泉砂川駅で早朝わけ信子通信を配布

 わけ信子通信とこんにちは日本共産党泉南市会議員団ニュースです」ができました。

 今年初めての早朝駅前での議会報告ニュースを配りました。朝はさすがに冷たい空気が流れています。「おはようございます。いってらっしゃい」と声をかけると受け取る人もそうでない人も笑顔になります。通学する子どもたちも元気でした。

ゴルフ場の送迎バスの運転手さんは5時半からお客さんと職員さんを駅でまっているそうです。「寒いけどがんばろうな」と声を掛けてくださいました。いつもでしたら駅員さんが「ここからは敷地内ですから」と立ち位置を見回りに来られるのですが今日は見かけませんでした。

通信の内容は「学力向上は少人数学級の拡充が有効!!」「介護難民・介護疲れの自殺者をなくせ」「こうきょうしせつが40年後は40%(床面積)が縮減される」「泉南市内に小児医療体制を充実させてほしい」などです。ご覧になられた方はご意見をお寄せください。

泉南市随意契約についての98条委員会開かれる

 随意契約についての資料を議員控室に置いています。

 14日2回目の98条委員会が開かれました。関係部署の理事者に質疑が行われました。泉南市生活困窮者自立支援事業(自立相談支援事業)委託業務について・ごみ収集(積み込)業務委託について・街かどデイハウス事業委託について資料に基づいて詳細な質問が出されましたが当局の答えがはっきりしない部分がありましたが確認できないところは今後の委員会で引き続き議論をすることになりました。

 膨大な資料を読みこなし疑問点を明らかにすることは大変なことです。委員でない私も資料に目を通しておかなければなりませんが時間がかかりそうです。誰がみても明瞭な随意契約のあり方になるよう問題点、改善点を明らかにすることが大切と考えます。

2016年成人式おめでとうございます。

 

 

 

 

 

20歳は、人生で将来を見据えて希望に向けて考え、感謝、感激の日となることでしょうね。

 お誕生日を迎えた方は、すでに実感したことでしょう。今日の成人式ではお友達や沢山の20歳の方との出会いで心強く思ったことでしょう。

この年からは選挙権が18歳からとなります。日本の将来と自分たちの将来は、それぞれの努力も大事ですが選挙で選ぶ人たちによって大きく変わります。かならず大切な1票です。選挙にいきましょうね。

 竹中市長のあいさつ、そして2名の成人の20歳の決意、花束贈呈がありました。晴れ着姿がまばゆく感じました。きりっとした背広姿も似合っていました。袴姿やお正月のような衣装姿もありましたが皆いい笑顔でした。おめでとうございます。

 

 

「北朝鮮の核実験を糾弾する」共産党の談話を報告

 今日も、寒くもなく外での活動はスムーズでした。共産党の支援者の方と宣伝をしました。北朝鮮が6日核実験を強行しました。共産党の志位和夫委員長は談話を発表しました。核実験の強行は、地域と世界の平和と安定に対するきわめて重大な逆行である。きびしく糾弾する。

 北朝鮮に核兵器を放棄させるための実行ある措置をとることを求める。と訴えました。北朝鮮はほんとに困ります。

 また、12月議会報告・参議院選で大阪選挙区から立候補予定の「渡辺結」さんの政策と支援のお願いをしました。何回か演説?をしていると犬の散歩と散歩をしているかたが行ったり来たりしながら聞いてくださり「ごくろうさん」と言ってくださりました。

さすがに冬です。日が陰ってくると寒くなったので今日の宣伝は終わりました。お疲れ様でした。

新春学習会&議会報告会

 信達公民館で9日共産党議員団の議会報告会と学習会を開きました。お正月そうそうですが40人以上のかたが参加されました。4人の議員12月議会の質問について話しました。

私は、介護保険制度改悪による問題点の特養ホームに待機者が多いこと。年金だけでは介護施設に入るには負担がかかること。介護職員は賃金が安く労働もしんどいことなどで人材不足していることなどを解消するには国の介護保険の交付金を増額し市町村や介護施設の運営を支援することが必要と話しました。「介護づかれや離職後に経済的に厳しくなり殺人や自殺者が後をたたない現状をなんとかくいとめたい」思いです。

 また、泉南市には公立病院がなく小児科専門病院は1件のみです。子育て支援のアンケートでは61・2%の人が「小児救急など安心して子どもが医療機関を利用できる体制を整備すること」を望んでいます。母子家庭で車もなく、毎日朝から晩まで働いて頑張っているのだが、日曜日に子どもが熱をだし泉佐野の休日診療所で受診後はタクシーで泉南まで帰ってきた。タクシー代を払うのに厳しかった。

 「地元に小児科がほしい」と訴えていたことを取り上げたことを報告しました。「病院は切実だよね」と共感の声がありました。