ブログ

猛暑続く小学校にエアコン設置を求める緊急要望書を提出

  泉南市長に日本共産党議員団は緊急要望書を提出しました。大阪府の小学校のエアコン設置がされていないのは泉南市もと報道されています。1日でも早く実現できるように願いたいものです。

 

泉南市議会議会報告会をイオンホールで行います。ご参加ください。

 泉南市議会は、年1回議員全員が参加して報告会を行っています。今回は泉南イオンホールで行います。

報告会のポスターを議員の地域に貼ろうということになりました。私は、砂川地域の掲示板に貼らしていただきました。

掲示板には、市の取組みの案内もありましたので一緒に写しました。

 報告会にはお買い物がてら是非のぞいてください。

どちらも、ご参加ください。お待ちしています。

毎日、猛暑の中、熱中症などで救急車で運ばれている方もいらっしゃいます。くれぐれも、暑さ対策や水分補給をしてお過ごしください。

泉南中学校区(中学校1日体験)見学しました。

 泉南市6月議会の一般質問が2時半に終わりました。今日の会議日程が終わりました。市役所の前の泉南中学校で「中学校1日体験会」が行われていました。

今日は、樽井小学校の6年生102人(3クラス)が朝から体験をしていました。少しの時間でしたが見学しました。中学3年生が小学生に修学旅行の体験の授業をしていて、沖縄で学んだ平和の学習として、肌で感じたこと民泊、美ら海水族館や観光地などについて写真、パネルを見せながら話をしていました。

小学生は、目を輝かしていました。先輩から教わることって「いいなー」と思いました。

私は、午前中の一般質問で学校での平和教育について質問をしところでした。教育委員会は、非核宣言都市として「広島や、沖縄方面への修学旅行などで現地での貴重な体験ができる機会となっている」学校もある。と答えていました。泉南中学校の3年生は修学旅行で沖縄に行ったことを小学生の後輩に伝えていました。

短時間でしたがこうした取り組みを「見学出来て良かった」と思いながら市役所にもどりました。

泉南中学校区小中一貫教育推進事業の取り組み

(雄信小学校・樽井小学校・鳴滝小学校)

目的

・こどもたちの自尊感情を高め、中1ギャップを解消する。

・泉南市で小中一貫教育を進めるための第1歩とする。

・今後のしせつ分離型の小中一貫教育のあり方を検証する。

・教科センター方式による新しい学校づくりを見据えて、小中連携の可能性を探る。

・これまで以上の小中の教員連携をはかるためにできることを探る。

*教科センター方式・小中一貫校の取り組みは、保護者、市民、地域にとってもこれから重要になると思います。

 

 

子ども食堂を見学、熊取町の「子どもレストラン」

       魚は、さんま、アジの甘酢かけ、ぶりの照り焼き、ほっけ、さけの塩焼きから選ぶ。しじみのみそ汁です。

  6月議会で子ども食堂について質問する予定でした。前々から「是非見に来てください」と声をかけていただいていたので5月末日に熊取に伺いました。スタッフの皆さんが楽しそうに準備をしておられました。また、高校生が勉強(宿題)をしながら「これは何だっけ」などと質問をして、気が付いた人がそばに行き一緒に考えていました。和やかな雰囲気でした。

 その日は、近くの公園で夜店が開かれていました。いつもは60人ぐらい来られるそうですが今日はどうかなと心配されていましたが50数人の親子が食事やおしゃべりを楽しんでおられました。私も盛り付けなどをお手伝いしました。地域の農家の方がたがたまねぎやキャベツなどを沢山もってきてくださいました。いろいろな種類の魚も差し入れられました。

調理担当の方が味付け調理してくださりとてもおいしくいただきました。

今日は仕事がお休みだとのお父さんも腕を振るっていました。「子どもレストラン」は地域に根付き、高齢者や子どもたちの居場所になっていると感じました。

全国的にも広がっている「子ども食堂」が泉南市にもこうした「居場所があればいいなあ」と思いました。

 

 

泉南市議会6月議会6月13日~27日(傍聴にお越しください)

       竹中市長への代表質問各会派代表5人と7人の一般質問があります。

  

         傍聴にお越しください。ライブ中継も配信されます。

 

陸前高田市に泉南清掃事務組合議会から視察(5月14・15日)

 ・東日本大震災による被災及び復旧状況 ・災害廃棄物処理について ・復興状況について(現地調査)(議会議員12名職員3名参加)

災害発生から7年が経過しています。被害者は、死者1550人行方不明者207人にのぼります。津波による全壊3805世帯半壊236世帯です。(世帯数8069世帯)街は工事中が目立ちました。建物を建てる前の整地が広大に続いていました。

復興は何年続くのか、1日でも早く進めてほしいと願わずにはいられません。

 津波後焼却炉が進路建設されました。津波により1階部分は海水につかり事務所がつかえなくなり機能がだめになったことなどから教訓が出され、土地をかさ上げし建設されました。また、「隣接する市町村との連携・協力関係を築いておくことも大切だ」と話されていました。

現地を案内していただきました。津波の恐ろしさを痛感しました。また、防災の大切さも実感しました。泉南市においてもなにができるか考え力を合わせる必要がありますね。

 岩沼東部環境センター(ぽぽか)です。

Page 3 of 3412345102030...Last »