ブログ

子ども食堂を見学、熊取町の「子どもレストラン」

       魚は、さんま、アジの甘酢かけ、ぶりの照り焼き、ほっけ、さけの塩焼きから選ぶ。しじみのみそ汁です。

  6月議会で子ども食堂について質問する予定でした。前々から「是非見に来てください」と声をかけていただいていたので5月末日に熊取に伺いました。スタッフの皆さんが楽しそうに準備をしておられました。また、高校生が勉強(宿題)をしながら「これは何だっけ」などと質問をして、気が付いた人がそばに行き一緒に考えていました。和やかな雰囲気でした。

 その日は、近くの公園で夜店が開かれていました。いつもは60人ぐらい来られるそうですが今日はどうかなと心配されていましたが50数人の親子が食事やおしゃべりを楽しんでおられました。私も盛り付けなどをお手伝いしました。地域の農家の方がたがたまねぎやキャベツなどを沢山もってきてくださいました。いろいろな種類の魚も差し入れられました。

調理担当の方が味付け調理してくださりとてもおいしくいただきました。

今日は仕事がお休みだとのお父さんも腕を振るっていました。「子どもレストラン」は地域に根付き、高齢者や子どもたちの居場所になっていると感じました。

全国的にも広がっている「子ども食堂」が泉南市にもこうした「居場所があればいいなあ」と思いました。

 

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。