ブログ

議会報告会共産党議員団に市民の要望

新家公民館で行った報告会(23日)には18人が参加して意見や要望が出されました。楠さんは「平和の願い」で広島に行った感想、非核平和の運動の大切さを語っていました。大森議員は学校の統廃合計画が白紙になり今後5年間で保護者・市民の意見をきき計画をたてることになった。「小中一貫校について」「マイナンバーについて」「アスベスト被害者の掘り起こし」などほうこくしました。

 私、わけ議員は「土砂災害時の市民のいのちを守るための対策・ハード面ソフト面について」「国保問題」「学校でのいじめ対策の改善」などなどについて報告しました。参加者からは、さわやかバスをもっと便利にしてほしい・運転免許返上者に得点を・介護保険が改悪されている利用者や介護施設及び職員の処遇を良くしてほしい・母子家庭などの支援を充実してほしい・首池の売却をしているが危険物が埋まっている土地である。市民に詳細を知らせるべきではないか」などなど意見が寄せられました。

 9月6日から本会議が始まります。24日が一般質問の通告のしめきりでした。

今議会は、議長・副議長以外の全議員が質問予定です。これは久しぶりのように思います。これから、準備を始めることになりますがお隣の阪南市会議員選挙もまじかにありどちらも頑張ることになります・・・どうなることでしょう。

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。