ブログ

国民健康保険税の値上げ中止を求める請願署名にご協力を!

  泉南市は、今、12月議会で国民健康保険税を賦課限度額を6万円値上げし現行58万円から67万円に値上げする条例案を提出します。市民の皆さんが「値上げしないで」と署名を集めています。是非ご協力お願いします。

 

泉南市議会議長 田畑 仁 様

国民健康保険税の値上げ中止を求める請願
 
泉南市は12 月議会に総額約1億円の負担増、国保加入者の6割が値上げになる条例案を提出します。2014年度から4年連続値上げになります。
具体的には世帯所得300万円の夫婦と子ども2人の4人世帯の場合、現行の保険税53万8700円が60万1000 円となり、年間6万2300円もの値上げになります。同所帯の場合、世帯所得が389万円を超えると賦課限度額(国民健康保険加入者の保険料負担の上限額 )73万円になります。
賦課限度額は2014年度から3年連続で3万円ずつ合計9万円、58万円から67万円に値上げされました。さらに来年度から6万円を引き上げ73万円に値上げします。
泉南市は大阪府下で市民の所得が最も低いにも関わらず、4年ごとに行革と称して公共料金が値上げされ、生活を圧迫しています。そのため、市民病院のない泉南市では、高すぎて払えない国民健康保険税の引き下げは切実な市民の願いです。ところが、国保の広域化に備え、泉南市は今後も賦課限度額を国基準の89万円にまで引き上げる計画です。   
市民のくらしが深刻さを増すなか、国民健康保険税は値上げするのではなく、積立金などを活用して一般会計からの繰り入れを増やすこと、市として国に対し減額されてきた国庫負担金の増額を求めることが必要です。市民が安心して医療を受けることができるよう以下の項目を要望します。

 

請願項目
一、国民健康保険税の値上げはおこなわないこと、
一、低所得者への保険税の軽減措置を拡充すること

 

            名 前                               住 所
 
 
 
 
 
  取り扱い団体(                  )


トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。