ブログ

4・18政府交渉、渡辺ゆいさんと共産党議員団が参加

 大阪から政府交渉に市町村の要望をもって40人が参加しました。泉南市からは大森・和氣議員と楠木さん3人朝7時の飛行機でいきました。

 交渉の会場には辰巳参議院・大門参議院・堀内衆議院・宮本衆議院・山下衆議院が来られましたが衆議院開催中でもありました。大阪参議員予定候補の渡辺ゆいさんも参加しました。

 厚生労働省・国土交通省・文部科学省関係の要望書に基づき回答後さらに切実な実態を訴えました。当局担当職員はしっかり聞いていましたが今後具体的に予算化されるように願いたいですが、やはり、政府の考え方を国民の暮らし優先にしてもらうには、何度も交渉を続けることが大事だと思いました。

私は、「泉南市の就学援助制度の給食費が70%・修学旅行費が80%の支給であること。府下では全額支給なのに格差があってはならないし国が地方自治体に助成金を出すべきではないか」と訴えました。

 各自治体に分かれての要望では、アスベスト問題の交渉に臨みました。泉南の3人と中村さんが参加、そして環境省・厚生労働省の職員が10人?です。そこで大森議員が実態と今後の課題・早期に対応すべきことを訴えました。

 帰りの飛行機羽田発6時なのに、国会議事堂前で写真を撮ったりと時間配分が悪かったのか、「15分前ギリギリだー」と若くて足の速い楠木さんに搭乗券手続きに走ってもらいました。もちろん私も懸命に走りました。

 ところが手続きは20分前までとのことで乗れませんでした。後の便の2時間まちに変更ができてやれやれでした。2時間は讃岐うどんを食べ、お土産をかってゆっくりでしたが帰り着いたのは午後10時30分を過ぎていました。

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。