ブログ

一般会計補正予算(2015年度分)

 補正予算委員会が11日開かれました。泉南市の補正予算は歳入歳出予算の総額から歳入歳出をそれぞれ68,353千円を減額し歳入歳出総額を23,170,742千円です。

 減額理由は、臨時福祉給付金・子育て世帯臨時特例給付金・児童手当・児童扶養手当の支給額の減額です。予測より少子化による影響もあるのではないかとのことです。また、中学校給食導入事業等での入札減・和泉砂川駅駅前周辺整備事業の委託料減があります。

 予算増については、国の一億総活躍社会に向けて緊急対策費(5年間の事業)によるものです。

 泉南市は、防災ハザードマップの作製・市内バスICカードシステム整備事業の導入(ピタパをつかえばさわやかバス、南海バスなど利用料が1割お得になる)花咲ファーム・砂栽培事業・農業塾・あなごの養殖事業等などです。

マイナンバー制度による交付事業のための増額もあります。3月までに5000人分の予算を計上していますが現在1000人弱の方にしか発行できていません。各地でトラブルが起こっています。そのたび手続きを一旦止めることになります。間違いがあってはならないでしょう。担当職員も大変だと思います。

 共産党は、一人ひとりに番号をつけ、管理されるマイナンバー制度は中止すべきとの立場です。そこで、マイナンバーの交付事業の予算を減額し修正案を提案しましたが賛成少数(大森議員・和気議員)で否決され原案が可決されました。

 

 

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。