ブログ

左眼蕎脂肪ヘルニアの手術はドキドキ

 こんな顔になりました。

春になると花粉症で目がかゆくなり、擦りすぎてヒリヒリ状態です。その上目がコロコロと違和感がありました。眼科では目のヘルニアと診断されました。

 春先のことを思うと手術してもらうことにしました。しかし、「やっぱり怖い、でも決めたからには医師を信じましょう」と今日野上病院で手術してもらいました。手術中は緊張しました。看護婦さんが、「インターネットで手術を紹介しているのを見たよ」と医師(女医)に話していました。「私も見ました」と会話に参加しました。

 医師は「あーそうなんや」とやさしく答えてくれたので緊張がとれました。でも「早く終わってほしい」と願っていました。

マイカーで病院に来ていたので帰りは夫に迎えに来てもらいました。(帰りも運転して帰るつもりでしたが、医師の言うとうりバランスが崩れて危ないのがわかりました)片方の目が見えないということが「こんなにも不自由になるのか」と痛感しました。身体の不自由な方を大切にしなくてはと思った日でした。

また、19日は戦争法が強行採決された日なので恒例のスタンデイングを泉南エバグリーンで予定しています。私が参加できないので夫や仲間が頑張ってくれています。頼りになりますね。

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。