ブログ

新春第九コンサート

 一月一七日は、阪神・淡路大震災二一年を迎えます。被災者の暮らしをめぐる課題は依然として残っています。二〇年間の借り上げ契約が終了して継続入居したいと願う入居者の願いをかなえてほしいと思います。また、泉南市の防災対策をしっかりとしていくことも求められますね。

 泉南市文化ホールで市政45周年記念のコンサートが開かれました。毎年年末に開かれるのですが新年になるのは初めてです。知り合いの方が第九を歌われているので毎年聞きにきています。「今年は室内オーケストラがはいるので参加費千円いるけどやっぱりいつもと違うよ」とお誘いをうけました。親子三代が参加するほどの音楽好きの家族です。

 文化ホールの席が満杯になり、指揮・ピアノの宮崎剛氏の語りとピアノに拍手・拍手でした。また、ソプラノの木澤さんメゾソプラノの山敷さんテノールの谷村さんバス漆山さん泉南室内オーケストラのみなさんそして、合唱の泉南第九合唱団のみなさんほんとうに素晴らしかったです。最後に泉南市歌(希望のうたにつつまれて)をみんな一緒にうたいました。

竹中市長のあいさつは、泉南熊寺郎の紹介では「よく似ていると言われます」と笑顔でした。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。