ブログ

泉南市まち・ひと・しごと創生総合戦略(総務産業常任委員会)

 総務常任委員会でまち・ひと・しごと創生総合戦略について資料にもとずいて説明が行われました。5年間の事業の基本方針では人口の将来展望についてなど示されています。2015年の人口は64601人だが何もしなければ2060年には44573人と69.2%まで低くなってしまいます。そこで若者が結婚して子供を産み育てることに希望がもてる環境を整えることで人口増、人口転入促進を図ろうとする取り組みがいこなわれます。

 2つ目に花笑み・せんなん総合戦略です。①にぎわいと交流が生まれるまち魅力発掘②雇用喪失・地域産業強化③子育て支援・教育④地域で支える安全安心⑤豊かな暮らしの安定です。

総合戦略は各部署の職員が将来を展望して策定されています。内容素晴らしいものばかりですが実現に向けては、すべてに予算を計上しなくてはなりません。国へのアプローチをしっかりとしなければ財源は獲得できません。絵に描いた餅にならないように願いたいです。辻本副市長は、委員会で「絵に描いた餅にならないようしっかりと頑張ります」と力強く答えていました。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。