ブログ

戦後70年目の8月15日を迎えて

 アジア・太平洋戦争の日本の敗戦から70年を迎えました。70年前日本が敗れた戦争は310万人以上の国民と2000万人を超すアジア諸国民を犠牲にしたものです。敗戦から70年、「戦争をしない国」を決意したこの憲法のもとで「再軍備」「海兵派兵」の企てが繰り返されてきましたが、日本が自ら戦争を起こすことはなく、54年に創設された自衛隊も一人の戦死者も創設された自衛隊も一人の戦死者も外国人の犠牲者も外国人の犠牲者も出していません。

 安倍政権がいま国会で強行をたくらむ戦争法案は再び日本を「海外で戦争する国」「殺し殺される国」に変えるものです。歴史を逆戻りさせてはなりません。決意も新たに終戦70年の日に市民に街頭宣伝で訴えました。道行く人が手を振って応援してくれました。木陰でお婆ちゃんが「ありがとう」と声をかけてくださり元気になるます。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。