ブログ

長崎から平和の誓い

 長崎は9日、被爆70年の原爆の日を迎えました。長崎市の平和式典で田上市長は「長崎平和宣言」で「長崎だけでなく日本やアジアの多くの人々を苦しめた悲惨な戦争の記憶」を語り継いでいくことが必用だとのべました。また、「日本国憲法の平和の理念が今揺らいでいるのではないかという不安と懸念が広がっている」と指摘し、戦争法案の慎重審議を求めました。

また、長崎の5つの被爆者団体の代表は9日、長崎市内で行われた安倍晋三手首相との面談の席上、「われわれは安保法制について何回も撤回を求めてきた」と発言し戦争法案の撤回を厳しく迫りました。安倍首相よ国民の声を聴き戦争法案はすぐに撤回しかありません。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。