ブログ

70年前に広島に原爆が投下され今も苦しんでいます。二度と過ちを繰り返さないで。

 

 

 

 

平和記念公園で開かれた広島市主催の平和記念式典には被爆者や遺族、市民ら5万5000人が参列しました。広島市長の松井一実市長は「平和宣言」で「非人道性の極み、絶対悪である核兵器の廃絶を目指さなければなりません」と決意を述べました。市内の小学生2人が「平和への誓い」を読み上げました。安倍晋三首相は、憲法や非核三原則に触れませんでした。

 泉南市の新日本婦人の会では、毎月、広島、長崎に原爆が投下された6日と9日を平和を願う署名活動を行っています。8月は泉南市役所前で行いました。若いお母さんが赤紙を手にして「わが子の命守りたい」と署名してくれました。「戦争法案は廃案にしたい」と心から思った瞬間でした。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。