ブログ

泉州南消防議会第2回定例会議開かれる(8月10日)

 一般会計補正予算は、コミニティー事業として40万円が助成されたことで泉佐野市の安松幼稚園の幼少年隊の楽器を購入するとしています。幼少年隊の活動内容は防火パレードや防火予防教室の参加です。泉南市にも幼少年隊が活動しています。質問では「どこの市、町でもこの助成金を活用できるようにしてほしい。各幼稚園に知らせてほしい」などの意見が出されました。「そのようにしていきたい」のむねの答弁がありました。
 泉佐野消防署と阪南消防署の高規格救急自動車を買い入れは、大阪トヨペット株式会社会法人営業部が契約金額38,772,000円で指名競争入札し落札しました。また、高規格救急自動車搭載医療機器一式2セットは指名競争入札で契約金額26,190,000円で株式会社アダチが落札しました。

 2014年度の決算は、広域化されてから3年目です。「新事業の計画について、時間外手当が増になっている理由は、救急車や他の車両の搭乗人員は充足されているか、今後の市、町の分担金は新事業、新庁舎を建設することで増えていくと思うがいかがか、職員の給与体系は改善されたのか」の質問がだされました。当局から「時間外手当の多い部署について改善している。搭乗人員は規定に基づいて実施している。分担金は、新事業を実施すれば増額になる。給与は今年度4月から統一されたものになっている」との答弁がありました。

 泉南市は広域消防議員の任期は1年間なので全体的なことを把握するにはしっかりと資料も揃えて勉強しなくては感じました。
今回は女性3人が質問しましたので「女性議会やな」との声も聞こえてきました。

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。