ブログ

泉州南消防組合議会行政視察は静岡県の広域消防行政の取り組みを学ぶ

 写真は、・庁舎前にて ・地震体験震度7です。岬町の中原議員と一緒・消防職員の訓練中、アッという間に渡っていました。・指令室、見学中も救急要請がありました。・防災学習室、親子づれで体験に来られていました。・災害時にすぐに対応できるように「救太郎」が保管されています。晴れた日には世界遺産の富士山が眺められます。

 静岡県の菊川消防本部と志太広域事務組合志太消防本部焼津消防署を議会議員15名、消防長、消防職員の17名で7月28日~29日行政視察させていただきました。菊川消防本部では①新庁舎、訓練棟及びヘリポートの見学②意見交換などでした。菊川市消防は平成17年に行政合併にともない菊川市消防本部を開設しました。2014年年4月には新庁舎が完成し2015年1月には菊川消防防災ヘリポートが完成しました。

 人口は47679人(2014年度末)消防職員は実数で61人です。消防団員数は」319人おられ女性団員が10名おられるそうです。主に防火教室、火災予防の広報活動や応急手当普及活動など活躍されています。新庁舎建設にあたり重視したことは①耐震性能に優れた施設②耐火性能に優れた施設③自然環境を活かした施設④ランニングコストを軽減する施設⑤市民が活用しやすい施設について具体的な説明をいただきました。限られた予算の中で知恵と工夫をされていて「なるほど」と感心させられました。

 志太広域事務組合焼津消防署は2023年3月に焼津市と藤枝市の消防救急を統合し、組合の事務に追加され、志太消防本部が発足されました。人口は284507人(2015年3月)です。ここでは、①広域化後の取組②消防防火センター、高機能通信指令センター及び訓練センターの見学③意見交換などです。

 視察の交通機関はJRで新幹線でしたので車中、静岡市内から富士山が見えるかなと期待していたのですが出会えませんでした。残念。日中は猛暑で「暑い、暑い」の連発、特に、帰りの昼食のご馳走を頂くのに資料の入ったカバンを担いで駅前から歩いたのは体力、いや脚力がいりました。お土産を買って新幹線に乗ったらみなさん笑顔になっていました。

 学んだこと活かしていけるようにしたいですね。泉南南消防組合議会でも今後、新庁舎建設について議論がされます。市、町のみなさんの安心、安全で命と財産を守れる為の消防運営をすることが大切と思いました。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。