ブログ

童子畑堀河線災害復旧工事の入札(泉南市6月議会)

 総務委員会で入札業者と経過の報告がされました。最低価格の2億995万円に5社が応募し抽選でノバックKkが落札しました。泉南市は土砂災害が発覚してからも国の交付金を確定するまで長期にわたり危険なので通行止めをしていました。

 堀河ダムのおくの住人や府立わいわい村に行く道も落石の危険もあり施設の利用者は不便と心配がありました。やっと工事が行われることになりますが、全国では土砂被害も多発している現状があります。来年10月完成予定になっていますが今後大雨などで被害が広がり工事が遅れることもあるでしょう。その時は再度、国に予算の拡充を求めることになると担当者が答弁していました。

 前日に土砂崩れのある反対側の道路を見に行きました。石の崩れもありましたので危険な道の安全確保をするように委員会で求めました。
ダムの周辺は自然がいっぱいで森林浴ができます。花も咲いて自然の力の豊かさを感じました。1日も早く安全な道にしてほしいと思います。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。