ブログ

琵琶の音で新春をつどう昔も今も乙女たち


 新日本婦人の会の泉南新家・砂川班の乙女たちがつどいました。支部長の小西さんが安倍首相が強行しようとしている「集団的自衛権」「秘密保護法」「憲法9条改憲など平和が脅かされている現状だからこそ私たち婦人が夫・子供・家族を戦場に行かせないために頑張るとき」と訴えられました。平和の重みを再認識しました。

 会員の渡辺さんの琵琶の演奏?を楽しみました。題は「安宅」花を見捨てて行く雁の 花泣き里に急ぐ乱と始まり弁慶と頼朝が登場しみちのくさしてぞ下りける。と終わります。
わかるようなわからないような、でも何となくわかったようなひと時でした。みなさんはどうだったかな。琵琶を始めたと知ってからから私は2度目ですけどとにかくすばらしかったです。感謝です。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。