ブログ

泉南市長と共産党大阪府委員が「都」構想めぐり懇談

 泉南市の竹中勇人市長と日本共産党大阪府委員会の柳副委員長・党府委員会の中村清作委員会責任者が市役所内で懇談をしました。11月7日に開く党の大演説会の案内をしました。また、府、大阪市の維新政治の非民主的な行動や提案について、泉州地域においても反「維新」の流れがあることを話すと竹中市長は「堺以南ではこの流れは連携していて意思は同じ」と話されました。

 市議団(松本・成田・大森・和気)も懇談に参加し今後の泉南市政に対し、国の制度がどんどん悪くなり地方自治体も厳しくなるが「市民が幸せに暮らせるよう頑張ってほしい」「市職員を大切にしてほしい」とお願いしました。市長は、財政上のバランスや必要性を見極めながら対応していく」と答えていました。懇談には大仲阪南地区委員長も参加しました。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。