ブログ

広島土砂災害被災者への募金は心込めて

 日本共産党機関紙に募金袋を織り込み読者のみなさんにお願いをしていました。赤旗の集金に伺うと「待ていたよ」と募金袋を手渡して下さます。

 97歳のしっかりした方は、お家の奥から重たそうに小銭がいっぱい入った瓶を持ってきてくださいました。神戸の震災の時も募金をされたそうです。また、福島の原発事故や台風の被害などがあるとかならず募金をされているそうです。「日本は最近災害が沢山起こっているので募金の額も少ししかできなくなった。年金生活なので瓶貯金で貯める間がなくなった、少しだけど役に立てて下さい」と瓶ごと頂いて帰りました。

 帰ってさっそく夫と数えました。2675円でした。ありがとうございました。頂いた募金と一緒に共産党の阪南地区委員会に届けます。現在70万円ほ集まっているそうです。来週にはボランティアで支援に行かれる方もいます。被災された方が安心して生活できるように国の支援を強めてほしいものです。
 今、公営住宅へ沢山の方が申し込まれています。高齢者や子供たちの健康も心配ですね。私にできること頑張りたいと思います。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。