ブログ

平和の祈りコンサート 「2014年非核平和の集い」に感動

「非核平和都市宣言」を行ってから30年になる泉南市は文化ホールでソプラノ歌手の大島久美子さんを迎えて「平和の祈りコンサート」を行いました。1部では、竹中市長の挨拶があり、続いて戦争体験記のお話がありました。
 戦争中、シベリアに抑留され、-50度ほどもあるところで寒さを我慢しながら働かせられ、食べるものもなく少しのパンをちょとづつ大事に食べていたことなどを離されました。また、小学性高学年の時「勉強したい」と頑張っていたのに、工場で働かなくてはならなくなったこと「勉強したいとき勉強できなかった。
 英語は敵国語なので教えてもらえなかった」など泉南市在住の方の体験を聞かせていただきました。「戦争になれば言いたいことも言えず、勉強もできず、食べる物もない」そんなこといやです。「戦争はしてはならない」と強く思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                

 

           

 

 

                

 

 

 

 

 

 

       第2部は、大島久美子さんの「原爆を許すまじ」から沖縄の「さとうきび畑」そして広島平和の歌」をソプラノの歌声とやさしい語りで胸がキュンとなりました。大島さんは、広島の少年少女合唱団で毎年平和祈念式典で歌ってこられたそうです。そして、原爆が投下された6日、9日、終戦記念日の8月15日はかならず黙とうをしてこられたそうです。「戦争はまだ終わっていない」と言われました。

 原爆で命を奪われた方々、今でも、被爆の後遺症で苦しんでおられる方がいます。けして忘れてはなりません。音楽の道を目指したころ東京で原爆投下された日に誰一人、足を止め黙とうする人がいないことにびっくりされたそうです。広島では、「6日、9日、15日は黙とうし祈りをささげる日としてきたのに全国の人たちはそうではない」と気づき、音楽家として全国に「平和を伝えていこう」と思われたそうです。

 広島の原爆投下されてもピアノが無事に残されていました。そのピアノでのコンサートもされているそうです。私は数年前にこのピアノとの出会いました。あいぴあで行われたコンサートでした。大島さんはこのピアノと一緒にぜひ聞いてほしいといわれていました。またいつか泉南市で取り組みしてほしいものです。今、私たちに何ができるのか、世界中から紛争や戦争をすぐになくすことは難しいかもしれないけど、はなしあいが大切、まず、「ごめんなさい、ありがとう」が言える人になりましょう。となげかけられました。

私も、平和を願って今日から実行したいと思います。。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。