ブログ

終戦記念日に平和願い街頭宣伝

 広島に8月6日に8月9日に長崎にアメリカによる原爆投下されてから69年目の夏長崎で原水爆禁止2014年世界大会と平和式典が行われました。夫と一緒にテレビの前で黙とうをしました。田上市長の『「核兵器のない世界」の実現のために、その先頭に立ってください』と、また被爆者代表の城臺さんは「この恐ろしい非人道的な核兵器を世界中から一刻も早くなくすこと。禁止条約の早期実現が必要です。

 また、集団的自衛権の行使容認は日本国憲法を踏みにじった暴挙です」と述べました。その平和宣言に、心うたれ夫と一緒に大きな白手を長い間しました。久々の感動でした。元気をもらいました。長崎に住んでいる友人から朝、昼、晩とメールが届き状況を知らせてきました。「子どもを戦争に行かせたくない」と何度も思いをつづっていました。

 終戦の日15日は宣伝カーで地域をまわりました。 長崎の平和式典をテレビでの映像
 日本は、憲法9条で世界に先駆けてあらゆる戦争を放棄しあらゆる戦力は持たないと決めました。

 戦後日本が起こした戦争で一人の戦死者も出さず他国の国民も殺していません。

 憲法9条の大切を訴え「戦争する国にしないよう」一緒に頑張りましょう。と声をかけました。いつも一緒に頑張っている中村さんは今日ものぼりをしっかりもって道行く人に声をかけていましたよ。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。