ブログ

学童保育所の見学を泉南の共産党議員団でしました。

 生涯学習課の職員の協力のもと市内10か所の内4か所の施設見学をさせていただきました。私の子ども達も3~40年まえにお世話になりました。学童保育所があったから安心して働き続けられたと思います。国の制度が変わろうとしていますがまだまだ、おかれている現状は厳しいものがあります。市町村の財政だけでは運営は苦しいものです。子どもの居場所・生活を保障できる制度にしてほしいものです。

西信達は学校の空き教室1部屋を利用しています。トイレは学校トイレを利用しています。

樽井第1は児童数が多いのでプレハブ単独を増設しています。トイレは施設内にあります。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信達はプレハブ単独です。トイレは学校トイレを利用しています。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

            鳴滝はプレハブ単独です。トイレは施設内にあります。畳の部屋があります。いいですね。

 

 

 

 

   1年生のランドセルがいっぱいならんでいました。おやつの時間でしたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は4か所の訪問でしたが環境も設備も違いがありました。学童期の子どもの生活を守るために格差を生まず今後も充実が必須だと感じました。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。