ブログ

母の33回忌で与論島へ

 9月28日~30日まで家族4人、夫、長男、次男の4人で私の生まれた島に数年ぶりに帰りました。関空から沖縄へさらに与論へと朝7時に家を出発し午後3時に到着しました。息子たちは30年振りで小さいときのの記憶をたどっていました。島も開発が進み生活道路が完備されて便利になっています。私も道を間違えるほどでした。

 前夜祭・次の日は昼から神とうのしきたりにそって神事が行われました。還暦を過ぎた女性(親族)が神様のかわりをします。長女・次女(私)3女が神様のかわりにおみきを注ぎました。33回忌をおえると1人の神でなくお起きかすべての人の神になるとのことです。お見送りするときは門前で「天までのぼれ~」とみんなで声を出しました。笑いながら楽しく天に昇ったであろう母を思い出していました。

 

   帰る時間まで、息子達は「プライベートで泳ぎたい」夫は、島巡りのバスで単独行動でした。3人の女姉妹はは跡の2日間はゆっくり過ごすとのこと。弟と私は一応仕事が忙しいので帰ります。
 

 
 堺市長選挙の結果が気になり宴会中もスマホでニュースばかりみていました。早い時間に竹山市長勝利のニュースで夫にも見せると大喜びでほっとしていました。市長選挙で頑張っている時、田舎に帰るのは、ちょぴり心ぐるしかったけど、「都」構想、を進める橋本維新の会候補者に勝ててほんとに、よかったです。

「与論ではイセエビとれるんか?」と夫が食べたいそぶりでした。夫にはないしょで帰るときお店で3匹確保して我が家について夕食に並べました。お酒を飲まない食いしん坊の夫は大満足でした。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。