ブログ

唐ワンくん(観光行政)・認知症ケアー推進の視察

 厚生文教常任委員会で5月8・9日行政視察に行きました。
佐賀県唐津市は、2005年に8市町村が合併して唐津市になりました。面積は泉南市の10倍になるそうです。

 唐津城は石垣の復活工事中
観光行政としては、唐ワンくんの徹底活用事業で全国にアピールして頑張っている取り組みが紹介されました。イメージキャラクターの唐ワンくんは「唐津は1つ!唐ワンくん」で多くの人に笑顔と幸せを与えること。だそうです。これからも頑張ってほしいですね。
 

 2日目の9日は大牟田市で「まちで、みんなで認知症をつつむ~大牟田市の取り組み」についてお聞きしました。大牟田市は旧炭鉱地で栄えた時代から現在では人口減少の中超高齢化都市で高齢化率31.1%で全国でも高い位置にあるそうです。

 そこで「認知症になっても、どんな障害を抱えても、誰もが住み慣れた家や地域で安心して暮らし続けることができるよう、地域全体で認知症の理解を深め、認知症の人と家族を支えるまちづくり」の推進事業に取り組まれています。
①認知症コーディネーターの養成

②認知症予防教室③教育現場と一体となった絵本教室
④徘徊模擬訓練と地域ネットワーク⑤地域認知症サポートチームなどです。

 議場の傍聴席はりっぱでした。              泉南市でも取り組みを頑張っているとは感じていますが認知症の課題はあります。学べること、取り入れられることなど沢山あるとわかりました。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。