月別アーカイブ:2013年4月

4・28抗議沖縄大会(沖縄・奄美・小笠原・屈辱の日)

 61年前の1952年4月28日は、サンランシスコへ平和条約発効で日本は形式的に「独立国」となったが日米安保条約が発行し日本が実質的に米国の従属国になった日です。沖縄、奄美、小笠原を切り離し米国の施政下におき沖縄では「屈辱の日」とされています。まさしく屈辱の日です。

 私、和気信子は1949年に奄美大島の与論島に生まれました。小、中学校の頃、北緯27度線の沖縄と与論の海上で沖縄返還の運動が行われていました。夜は沖縄本島と与論の金毘羅神社で松明を燃やし、連帯の合図を交換していました。

 本土からの沖縄返還の運動をしている人たちがアコデオンで「おきなわをかえせ~」やいろんな歌を歌っていました。子ども達を神社に近寄らせないように、両親や近所のおばさんも「あの人たちは赤だから絶対に神社に行くことはならん、大和に連れていかれる」と厳しく言われていましたが、怖いもの見たさで友達とそっと見にいったものでした。

 その時は何もわからなかったのですが「心から沖縄返還を望んでいた人たち、赤とは共産党のこと」だったようです。その共産党の仕事と活動をするようになった私を天国の父母は見守ってくれています。

          抗議集会のスローガン

①沖縄を切り捨て米軍占領下に置いた「屈辱の日」を「主権回復の日」とする政府式典はがってんならん、抗議する。
②欠陥機オスプレイを即時撤去し、追加配備と嘉手納基地への配備計画は撤回せよ。
③米軍普天間基地をただちに閉鎖・撤去し、県内移設を断念せよ。
④機知のない平和で、緑豊かな沖縄を実現しよう。

梶本家の藤の甘い香りに誘われて

 藤棚の前を毎日のよう通っているのに、ゆっくり眺めていない私でした。樽井に住んでいる友人に「有名な藤棚はどこにあるの?」と聞かれ、泉南市の住人であればだれでも知っているものとばかり思っていました。

そこで「みんなで見に行こう」と25日に出かけました。甘い香り、沢山の観客に泉南市にもこんないい所があったんだねと友人も大喜びでした。グラジオラスなどの球根がやすいので(1袋100円で農家の方が販売しておられました)かいました。

 梶本さんが亡くなられてからもボランテァの方、守る会の皆さんの支援で藤の花が咲きつづけているのだと、感謝と敬意でいっぱいになりました。和泉砂川駅通りのお店も買い物客が増えてうれしいと話されていました。

 商店街の皆さんが元気になられることは泉南市にとってもいいことですよね。今年度から観光協会が開設されました。「もう少し目立つ看板にしてほしい」と道行く人が話されていました。これからの取り組みに期待したいと思います

志位委員長の大演説会(難波)観光バスで参加

19日の大演説会で志位委員長の話を聞いて「共産党が庶民や働く者の味方というのがよくわかった」「賃金は上げれるというけど、今、パートで1時間790円だけど10円上げてくれたらどんなに嬉しいか」と切実な感想を一緒に参加した友人が話していました。

志位委員長は、経済・原発・外交ー3つの分野から安倍内閣の「暴走と破綻」の特徴を明らかにし、安倍内閣暴走に勇気を持って立ち向かい、国民とともにたたかうユウイッの党・日本共産党の値打ちを浮き彫りにしました。7月の参議員選挙では、共産党の議席を伸ばしたい・タツミ コウタロウさんを国会に送ろう・・・・会場の熱い思いを泉南の地に持ち帰りました。和気信子も頑張ります。いっしょに頑張りましょう。

泉南市介護者の(家族)会第18回総会 ベリーダンスとは?

「あいぴあ」で第18回総会が4月12日に行われました。第1部は 西浦圭一 介護者の会会長 向井道彦 泉南市長 山下昭往 泉南社会福祉協議会会長の挨拶がありました。

わけ信子は会員ではありますが何の手伝いもしていない参加会員です。介護者の会は現在介護をされている方・家族の介護をされていた方などが介護をしながら「苦労や悩みを出し合い、共感し共に力を合わして介護をしながらも元気をもらえる会だな」と感じました。皆さんが明るいのです。

 

活動報告では、楽しいこと、研修会を開催し、勉強していることが報告されました。1、今後の課題は介護に悩んでいる人の声を見逃さない2、男性介護者に会の紹介、仲間がいることをしらせる。3、若い介護者同士が語り合える場を設ける。4、介護を終えた方々にとっての心のオアシスとなれる活動をめざす。などが承認されました。第2部は、泉南市ディサービス事業所の自己PRの時間です。

 泉南市には15箇所のディサービス事業所があります。10箇所の事業所が自己アピールをされました。どこの事業所も自信いっぱいのアピールでした。一生懸命介護支援をされていることがわかり安心しました。私もいつの日かお世話になるかもしれません。
・平和苑 ・敬和会 ・茶話会本舗 ・なでしこりんくう ・六尾の郷 ・せんわ ・泉南ふれあい里 ・このゆびとまれ ・亀寿の森 ・真ごころ ・虹 ・ユウ・ハピネス砂川 ・ながいき泉南 ・スマイルハート

 ベリーダンス?どんなん

私もわかりません。ベリーダンスチーム(ハフラ)リーダーは(アキーダ)さんです。写真で観てくださいね。


 

向井市長へ泉南市農業委員会役員が要望と懇談

 

  大阪府下の首長が15日に関空会社と会合があると聞き「泉南の農業特産物のアピールをしてもらえるようお願いしよう」と向井市長に懇談をすることになりました。(11日の午後)

 中野会長・笹谷副会長・岡田議員・和気議員が参加し「会食の中で地場産の野菜のメニューがあれば泉南の農産物をアピールしてほしい」とお願いし懇談しました。市長は、関空の空地を利用して「いちご栽培で観光も兼ねた事業をしてみてはどうか」など関空会社の会長も話していたとか話題が広がりました。

「農業者も個々が協力して力を合わせて頑張ることが必要な時代だ」とか、今後は、「泉南市の農業発展のため、いろいろな情報を農業委員会にも提供してほしい」とお願いをするなど有意義な懇談となりました。

 

 10日の農業委員会では平成25年度事業活動計画(案)が出されました。

重点取組課題

1、        遊休農地の意向調査の実施

・    「利用状況調査(農地パトロール)」を踏まえて、遊休農地を解消する。

2、        JA大阪泉州及び館内農業委員会との連携の強化

・    意見及び情報交換をして担い手の育成を確保する。

3、        農政活動の推進

・    農地情報の収集及び提供に努める。

4、        全国農業新聞の普及推進活動

・    農業新聞の購読を推進する。

5、        農業者年金加入の推進

 ・年1人以上の加入を目標に取り組む。

入園・入学おめでとう・・・・・おおきくなーれ

砂川小学校の入学式は4日 84名  信達中学校は5日 204名 

くすのき幼稚園は10日135名

少々大きめの制服で緊張ぎみに椅子に座っている新入生、その姿をやさしく見守る保護者の皆さん、子ども達が泉南の未来をつくってくれるのだ」と頼もしく思いました。

 砂川小学校で式の終了後の雑談で(砂川幼稚園園長先生、青少年指導員の方々)お話の中で、子ども達が元気に挨拶をしっかりしていることに感心した。自分たちの子どもの頃とずいぶん違うことや「戦争で食べるものがなくて系統の葉っぱをおひたしにして食べたり、食べれる野の草もよく知っている。わら草履づくり、ゲタも木を彫って作ったこと、これから、TPPなどで食料自給率が下がってきたらどうなることやら」現代の子どものことが心配とか、こんな体験を話してあげることも大切だね」と話が盛り上がりました。


               くすのき幼稚園の第3回入園式

 

 

Page 1 of 212