ブログ

さわやかバスの運行改善を求める。

 市民、特に高齢者や弱者の足となり喜ばれているさわやかバスは昨年2月から1台増便し改善が図られました。砂川駅からの逆コースなどが増え、停留所も増えやっと利用方法も落ち着いてきています。

 しかし、「目的地にいくにはどのバスに乗ったらいいのか行き先がわかりにくい」「バスに客がいないのにもったいない」など「改善してほしい」の声があります。市でも市民からの声をお聞きしていると思います。

 3月議会でわけ信子議員は、コースや停留所の改善について、今後の見直し予定について、また、寒い日、暑い日の停留所で待っているのは高齢者の方は辛いことがあります。椅子の設置計画について求めました。

      利用者の一部の皆さんの声

*    朝一丘方面回りは砂川駅どまりなので樽井駅までにしてほしい。

*    新家駅まわり8時24分  ・・・つぎは新家方面まわり10時34分と樽井方面に行くのに   時間が空きすぎ。

*雄信コース、小学校通学バスの時間ギリギリなので時間を早く、帰りの時間は低学年にあわした早い時間が必要

*    始発は時間は端数でなくわかりやすく00分にしてほしい

 市の答弁

さわやかバスは昨年2月に1台増車し4台体制とした。通勤、通学の利用、りんくうタウンへの乗り入れ、雄信小学校通学バスの運行など利用者の要望を実現してきました。今後も全市的視点に立って利用しやすいよう検討していく。

樽井駅バス亭に椅子の設置をかんがえている。

 

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。