ブログ

母の日に子どもに贈りたい

 「原発稼動ゼロ42年ぶり」作家・僧侶の瀬戸内寂聴さんが「孫、子守る余生かけて」の記事が載っている「赤旗」の話を知人にしましたら2人の方が購読をしてくださいました。原発をなくしてほしい・福島のような原発事故で命を失いたくない・大切な子どもや孫を二度と戦争に巻き込ませたくない。女性の思いを語られました。私も同じ思いです。

 家に帰ると玄関に素敵な花が置かれていました。次男家族からでした。長男家族はさくらんぼです。「日ごろは買えないちょとめずらしい物」とか、さっそく1粒味見をしました。甘酸っぱくおいしかったです。母から「子ども達にありがとう」。

 義母に電話すると「母の日の花はいらないよ、それよりおいしいおまんじゅういろいろ買ってきてほしい」と注文を受けました。「花より団子だね」とおまんじゅうを持っていくと喜んでいました。
 会うたび「早くお迎えにきてほしい」と言うのですが「100歳まで長生きいてほしい」と返すと「そうやね」と安心しています。ほんとに長生きしてほしいと思います。

夕方は宣伝カーで流しだけをしました。知り合いが手を振ってくれました。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。