ブログ

梶本家の藤と憲法記念日

藤の花は訪れた人びとに甘い香りで迎えてくれます。ひと房の藤の花を大切に手に持ち「電車に乗って我が家に帰る」と笑顔でお話しする方がおられました。

「笑顔で暮らせる世の中でありたいものだ」と思いました。

5月3日は憲法記念日です。1946年に日本国憲法が施行されて65周年になります。憲法は戦争の反省に立って「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにする」ことを決意し国民主権・戦争放棄・基本的人権の尊重など、世界に誇るべきすぐれた内容をもっています。

 しかし、今、自民党などが再浮上させている明文改憲の策動もあります。これは国民の願いとは正反対のものだと考えられます。現実には貧富の格差が広がっています。

 「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という憲法25条の実現を待ち望んでいます。憲法を守り生かすために皆さんと力を合わせて頑張りたいです。子どもたちに平和な未来をのこしたいです。 

 

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。