ブログ

大飯原発再稼動やめて・・・諸費税増税10%やめての街頭宣伝

14日と15日の夕方、友人の後援会員と宣伝カーを走らせました。

                                                                   私が運転し、スポット場所に着くと友人が流しテープを切り、私にマイクを   渡し日本共産党ののぼりをもって「わけ信子の訴え」を待つコミニケーションバッチリで頑張りがいがあります。

 「今日の訴えは聞きやすかったよ、この前は疲れ気味だったね」としっかりチェックもされています。前畑府営住宅のベランダから手を振って下さる方や道行く人が「ガンバレヤ」と声をかけて下さるととてもうれしくなります。

 訴えは、福井県にある関西電力大飯原発3,4号機の再稼動に向け関西電力が提出した「安全向上計画」が「政府の基準に合致し、安全性が確認された」として再稼動に踏み切ろうとしている。「安全基準」を政府が決めた3日後に関西電力が、安全対策のための工程表を産経省に提出し、その日のうちに政府が「安全」とお墨付きを出すという異常なやり方である。

 大阪は福井の原発から100kmしか離れていません。原発事故が起こったら、その影響は計り知れません。再稼動は止めるべきです。

 消費税増税は国民のみなさんの中にでは世論調査をするたびに増税反対が増えています。民主党は、社会保障は充実するどころか削減ばかりです。

 日本共産党は今回、消費税に頼らずに社会保障の財源をつくるとともに、国民の所得を増やす経済改革を進めて、景気の回復と福祉の充実、財政の再建を同時並行で進める「提言」を発表しました。ぜひお読みください。と訴えました。みなさんもぜひお読みください。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。