ブログ

温水プールの鉄骨が腐食

 06年度からプール室内鉄骨などが腐食し錆が落下しだした。毎年、修繕をしているが12年の3月に開館中に3センチ程の錆びが落下してきた。対処方法として小プールは開館前に職員による錆除去作業を毎日行っている。大プールは開館前にプール底点検、水中ロボットによるクリーニングを行っている。プール、室内の落下錆は職員等が撤去している。

プールの現場を見ましたが、プールサイドにも錆が落ちていました。壁の隅も腐食しています。私は5年前かに体脂肪減作戦として数回利用しましたがその時はまったく気づきませんでした。

阪南市、泉南市民の安全が第1です。財政面厳しいとは思いますが、大怪我があってからでは遅いと思います。職員の頑張りだけでは守れません。

早急に改修、改善する必要があります。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。