ブログ

 くすの木幼稚園終了式は文化ホールで(15日)

 

 

 

 

 

  第1回の終了式が行われました。139名の園児に心から「おめでとう」を贈ります。一人ひとりの名前を読み上げ終了証書をわたされている園長先生は、「いのちを大切にしてください」とあいさつで述べられていました。大規模幼稚園として開園して1年になります。

  無事終了式を迎え保護者の皆さん職員の皆さん、また関係者の皆さんはうれしく思うと同時にほっとしているのではないでしょうか。幼稚園のホールでは狭いので文化ホールでの終了式ですが隣り合わせでほんとに良かったと思いました。

保護者の皆さんからの贈り物は、鉄棒でした。あらためて、子どもの発達成長に必要なものが完備されていなかったことが残念に思いました。子どもたちは日々成長していきます。まして、泉南市が自信をもって2園化をしたわけですから、教育予算を増やし、必要なもの、安全確保など、プール設置などについて真剣に取り組んでほしいものです。

 共産党議員団は大規模幼稚園設置には、「歩いて通える地域の幼稚園をなくさないで」と反対してきましたが、現在の幼稚園での子ども達が健やかに育つことが保障されること職員が安心して働きやすい条件づくりに力をつくしていきたいと考えています。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。