ブログ

「泉南市子どもの権利に関する条例の制定」も継続審議

 「子どもの権利に関する条例制定」について共産党議員団は基本的には賛成です。

 しかし、制定するにはよりよいものにしなければなりません。世界では貧困の中で子どもの命や生活が守れない国があります。子どもの権利はだれが守るのかあらためて見つめなおしたいと思います。

条例制定案は、第417条あります。この中では「責務」の項がありません。他の条例では、「責務」の項があります。やはり責任をもつことが大切と考えます。

その他も文言がおかしい、そぐわないなどの意見も出されていました。よりよいものにしていく必要と継続審議となりました。

(市の提案理由)

子どもの権利条約に基づき、子どもにやさしいまちを泉南市で具体化していくために必要な施策や仕組み、実践等に関する事項を定めるとともに、子ども施策を安定的、継続的に実践していくために、本条例を提案するものである。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。