ブログ

新春のつどい・・国政?も市政も選挙の年です

                 新春のつどい

 

 

 

 

 

 

  日本共産党後援会主催で「新春のつどい」を26日(日)に90人近くの参加で賑やかに行いました。

 この日は共産党府党大会が開かれていたので、国会議員が参加できないので、国政についても議員が報告することにしました。

 成田議員は、社会保障改悪・TPP問題、市政では行財政改革、新火葬場問題などについて、松本議員は消費税増税問題、後期高齢者医療制度4月から値上げされること、ごみ収集、ごみ袋有料化の財政について、

 私、和気議員は原発ゼロにし再生エネルギーへ、原発問題、医療費無料化の拡充、予防ワクチン接種の継続について、大森団長は、大阪提案の教育2条例の内容と撤廃にむけてと泉南市のプール事故問題、教育予算の削減問題など報告しました。

 そして、秋の市会議員選挙で4人当選のため全力でがんばる決意とお願いをしました。

2部は食事をしながら、それぞれの後援会からのだしもの発表です。手品あり。日本舞踊あり、獅子舞、おてんもんやの踊りありでした。

 

  さて私の後援会は河内おとこ節を美女たちが踊りました。数回事前に練習はしたのですがリズムにのれたかどうかはさだかでないのですが、見る人も踊る人も楽しかったようですので「よし」としましょう。

一番もりあがったのは、ビンゴゲームで景品(もちよりの宝もの)をゲットすることです。景品が余るとジャンケンゲームです。

ゲットすると元気でいいお顔で笑っているんです。市民が「毎日の暮らしが安心できるよう、笑顔で暮らせるよう」4人の議員団は力をあわせてがんばります。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。