ブログ

寒さに負けず消費税増税反対署名をラムー店前で頑張る

消費税増税に反対の署名をお願いします。「あなたの思いを聞かして下さい」と声をかけると寒い中足を止めて署名をしてくれました。寒いのでいっぱい着込んで頑張りました。
 

 宣伝・・・・2月25日の夕方、わけ信子・松本かよこ議員・新日本婦人の会会員・民主商工会のみなさんの9名参加です。
  訴えの内容です。 
 消費税に反対しています。野田内閣が消費税をいまの5%から10%、さ  らにそれ以上に引き上げようとしていることに、国民の多くが不安を持ち、怒りを広げています。

それは、今度の消費税増税には何の道理もないからです。
第一にやんばダム建設は復活し、4200億円もの原発推進予算、320億円の政党助成金、大金持ちと大企業に年間1.7兆円もの減税などムダのばらまきはそのままです。

 また、「福祉のため」と言いながら社会保障は大改悪です。年金支給額は2兆円も削り、70歳から74歳までの医療費窓口負担の2割への引き上げもすすめようとしています。

 そして、何より、消費税の増税は景気をさらに悪化させ、税収を減らし、結局財政再建にも逆行します。もし、5%引き上げられたら、府民の負担は赤ちゃんからお年寄りまで一人あたり10万円、合計で一兆円近くになります。

日本共産党は、ムダづかいの一掃と富裕層・大企業優遇の不公平税制の見直し、「能力に応じた負担」の原則で福祉の財源をつくります。ごいしょに消費税増税にストップをかけましょう。と訴えました。

「私の分までがんばってください」「年金上がりそうにないから増税に反対する。ごくろうさん」と署名をしてくださり本当にうれしくなりました。「生活が苦しくなってきているんだな~」と実感した寒い夕方でしたが、これからも頑張ろうと、心は温かでした。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。