ブログ

平 幹二郎が最後に挑む「王女メディア」公演は迫力でした。観劇で感激!

 「王女メディア」ギリシャ悲劇の三大作家のエウリピデスの代表作です。

 平幹二郎は1983年にアテネの舞台に立ちギリシャ以外の人がギリシャでギリシャ悲劇を演じて絶賛を浴びました。そして今、78歳で「さよならメディア」に挑む、と知り楽しみにしていました。しかし、あまりにも悲劇すぎて、「女の凄さ、そこまでやらなくても」と思いながらも、もしかしたらするかもという気持ちになり人間の複雑さや自分の怖さに驚きました。それでも迫力に圧倒されました。

 [あらすじは]・・・・・王女のメディアが他国のイアーソンと恋に落ち、父や故郷を棄てる。イアーソンから王位を奪った領主を殺害する。ところが逃れた国の国王の娘を妻に迎えることにし、メディアと二人の息子と国から追放される。そこで「恐ろしいことへ突き進もう」と運命を嘆き、呪い、復讐を決意する。国王、娘、我が息子二人までも復讐で殺してしまう。なんとも恐ろしい女です。

 泉南演劇鑑賞会の会員である私は、現在、参加のみの会員です。それでも以前は、当番にあたっている演目では、駐車場の整理、受付、アナウンスなど少しだけ協力していました。

 今は、年5~6回の公演を見逃さないように和歌山・粉川・貝塚の会場まで出かけています。一番近い阪南市のサラダホールでの公演に行けるのは久しぶりでした。ほとんど、会議と重なってしまうからです。

泉南市の文化ホールは観劇の会場としては「帯に短し、たすきに長し」とか。「泉南市の文化ホールでも公演ができれば、人がたくさん集まり、泉南市の文化が活発になるのではないかな」と思いました。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。