ブログ

「ネコ大好き」で飼うにはご近所に迷惑をかけないのがネコは幸せ

 高齢者の家族や一人暮らしで動物を飼われている方が増えています。ペットは心を癒してくれますし話しかけもできますしさみしくありません。
「犬は、散歩させないとかわいそうだが、ネコちゃんは散歩させなくてもいいので飼っているのよ」 お聞きします。

今年になって、ネコの苦情相談があいついでいます。近所のねこが家の庭に糞をして 毎朝いやというほど糞取りをしなくてはならない。「なんとかならないのか」また、夜に庭や玄関で物音がひっきりなしにしていてネコがかけずっているので「ノイローゼになりそう」ネコに罪はないけど飼い主にはなしても解決しない。市も保険所も対応しかねている。「ネコをつかまえてもってきたらひきとる。もって来た人が費用負担することになる」とのこと。これではとうてい、無理な話である。また、一人暮らしの方が入院している間はネコは数10匹に増え家や近所を自由自在に行動している状態です。

大阪府の動物愛護センターに相談。市からチラシをもらいネコたちがくらす、家主が留守のお宅にチラシを入れました。何かいい知恵はないものでしょうか。動物を飼ってもご近所で仲良く暮らすためにかんがえさせられています。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。