ブログ

共産党泉南市会議員団の議会報告会を一丘老人集会所で行う

 共産党議員団は、議会の定例会ごとに議会報告懇談会を各議員の生活相談地域を順番を決め行っています。2月3日は成田議員の地域で行いました。寒い中でしたが一丘団地やご近所の皆様がたくさん集まってくださいました。

司会は松本議員・団長の大森議員の挨拶・その後報告をしました。

 成田議員は、同和更生資金基金償還金調査委員会での証人喚問及び解明をする取り組みや残された旧同和問題について・新火葬場建設の計画変更問題(阪南市と合同計画)財政問題・信達樽井線の歩道建設にも新たな財源が必要・中学校給食実現前の問題点、「信達中学校の現状は教室に土足(上履きなし)なので砂だらけなので上履きをはかしてほしい」との保護者からの要望が出されていることについて報告

 大森議員は、砂川小学校プール事故の徹底究明と再発防止の取り組みで、教育費の削減、民間委託が問題と指摘・中学校給食は、センター方式でなく、温かな給食の自校方式にすべき・アスベスト被害者の救済を求める裁判の勝利に向けての取り組み。

 松本議員は、国民健康保険税の値上げに反対する請願が賛成多数で可決されたこと・国民健康保険税条例案の改悪案が提案されたが反対多数で否決されたこと(20012年度は値上げにならない)・ゴミ袋が有料化されたが3年間では試算より差益がでている。市民に還元するか積み立てるべき。

 私、わけ議員は、副議長のため一般質問をしていませんが、さわやかバスが2月から1台増車されコースや便数・停留所が増えた。市民からの要望がありながら「無理だ」と言われていた砂川コースの逆周りができたこと。・砂川から新家駅への近道で地元では地獄坂と呼ばれている道路の前面舗装にとりかかること。こうした取り組みを質問で取り上げてきたことで実現できてうれしいと報告しました。参加者からは、火葬場問題で財政はどうなる、ごみを捨てるふとどき者がいる。プール事故問題しっかり取り組んでほしい等々の意見が寄せられました。議員団は、これからも市民の声をしっかりと聞いていきたいと思います。

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。